前へ
次へ

自宅に近い学習塾を選ばせるべきか

公立の小中学校は住所地で校区が決められているので、自宅から通いやすいところが多くなります。
大抵は徒歩で30分以内で行けるところになるでしょう。
高校になると自分で選ぶので、徒歩で行けなければ自転車や公共の交通機関などを利用して通わなくてはいけなくなります。
では子供に学習塾に行かせるときには通塾のし易さで選ぶべきかどうかでしょう。
学習塾は平日の夕方に開塾されるケースが多く、暗い時間に行かせたり帰ってきたりがあります。
まず進学が目的なら自宅が近いかだけで選ぶのは良くありません。
目的の学校への進学が可能なところに多少無理をさせてでも通わせる方が良いでしょう。
一方学力サポートを目的とするなら安全面を重視して近いところを選ぶのも良いでしょう。
規模が大きいところだと専用の通塾バスなどを用意してくれていて、塾がある場所から離れているところに住んでいる子が利用できるところもあります。
塾を決定する時にはいろいろな要素を考慮するようにしましょう。

Page Top